医療現場でも大注目!アロマテラピー

女性のための資格ナビ

アロマテラピー

テーマタイトル
カテゴリ一覧

■どんな資格?

通信教育で取れるアロマテラピーの資格には、アロマテラピー検定があります。公益社団法人日本アロマ環境協会が、アロマテラピーに関する知識を広めるために1999年にスタートした民間試験です。例年5月及び11月の年2回、北海道から沖縄まで全国34都市の会場で実施されています。1級と2級があり、合格率は共におよそ90%と高めです。年齢や経験など受験資格に制限がなく、誰でも何級からでも気軽に受験できます。ご自分の健康維持や疲労回復のためだけでなく、家族や友人など周りの人にも楽しんでもらたいと取得を目指す人が増えているようです。「自分自身を磨きながら、たくさんの人を癒せる」それがアロマテラピーなのです。

■取得にかかる費用と期間

すでに言及したとおり、アロマテラピー検定の合格率はおよそ90%。きちんと勉強すれば、ほとんどの方が合格できると言えるでしょう。一回で合格するためにオススメの受験対策はやはり通信教育です。アロマテラピーの知識ゼロからでも、約3ヶ月で必要な知識をしっかり身に付けられます。家事の合間や仕事の空き時間などライフスタイルに合わせて無理なく続けられるんです。気になる費用は、約5~6万円。ちょっと高いかな?という方は、公益社団法人日本アロマ環境協会の公式テキストを参考にしながら独学でチャレンジしてみてはいかかでしょうか?

■どのように活かせるか?

アロマテラピー検定1級に合格すると、次のステップへの道が開けます。アロマテラピーを趣味として生活に取り入れるだけでなく、アロマテピーアドバイザー・アロマテラピーインストラクター・アロマテラピストといった職に就くことができます。活躍の場は、主にアロマショップやリラクゼーションサロンなど。もちろん知識と経験があれば、独立開業も目指せます。最近ではメディカルアロマという言葉もよく耳にするようになりました。産婦人科や皮膚科などの医療現場や介護福祉の分野でも、アロマテラピーの香りがもたらす癒しの効果が大変注目されているんです。そのため、看護師や介護福祉士がアロマテラピーを+αのスキルとして習得するケースが目立っています。

よく読まれている記事 よく読まれている記事
看護師
看護師

高齢化社会に伴い、ニーズの高い職業の一つである看護師。資格取得や活躍の場など、看護師のファーストステップをご紹介。興味のある方は要チェックです!
一生武器になる! 手に職がつく資格
一生武器になる! 手に職がつく資格

結婚や出産などの様々なライフイベントが待ち受けている女性。一生働き続けることができる資格について詳しく内容を見てみましょう!
アロマテラピー
アロマテラピー

今や医療現場や介護施設で取り入れられている、アロマセラピー。看護師さんや介護福祉士さんが注目する資格です。その魅力に迫ってみました!