お金に関するスペシャリストである「簿記」。資格にまつわるエトセトラについてまとめました

女性のための資格ナビ

簿記

テーマタイトル
カテゴリ一覧

■資格を取るためには?

簿記とは、「帳簿に記録する」の略です。帳簿とは、身近なモノで言うとお小遣い帳や家計簿など。だから、簿記とは企業のお金を管理することなんですね。
簿記は1級~4級まであります。1級のほうが難易度が高いため、就職・転職の際の大きなアピールポイントになりますが、ほとんどの方はまず3級から
スタートするようです。簿記は受験資格が不要なので、指定された学校に通うなどの必要はありません。試験の申し込みは、インターネットや電話での申し込みが可能。
試験は年に3回程度行われていますので、チャレンジのしやすさが魅力的な資格です!

■こんな人にオススメ!

会社のベースに関わる大切なポジションである「簿記」。
簿記は、企業の経営成績を明らかにしたり、企業の財政状態を記録するお仕事です。お金の動く場所で活躍するため、「数字が好きな人」は向いています。
あとは、細かい作業やコツコツ何かをするのが好きな人も向いています。たくさんの数字を計算し合計を出したあと、照らし合わせる作業もあるので、
間違いがないか追求するのが得意な人にも最適! 細かい作業に向き合える根気のよさがある人が活躍できるフィールドです。

普段から家計簿をつけることが好きな方や、お金のやりくりに自信があるという方に、ぜひ目指していただきたい資格です。

■活躍の場は?

簿記の資格は、「企業の経理部」・「税理士事務所」・「会計事務所」などで活かされます。
独立して開業する人もいれば、簿記の講師として活躍する人などさまざまです。

階級別に見ていくと、細かく働ける場所が見えてきます。3級では商店・中小企業の経理事務。2級では、企業経営・会計主任者。1級では大企業経営・会計指導者などのフィールドで活かすことができますよ。また、さらなるステップアップとして税理士への道も開けます。
難易度が高いとされる税理士ですが、資格取得には簿記の知識が大いに役立ちますので勉強して損はない資格といえるでしょう。

よく読まれている記事 よく読まれている記事
看護師
看護師

高齢化社会に伴い、ニーズの高い職業の一つである看護師。資格取得や活躍の場など、看護師のファーストステップをご紹介。興味のある方は要チェックです!
一生武器になる! 手に職がつく資格
一生武器になる! 手に職がつく資格

結婚や出産などの様々なライフイベントが待ち受けている女性。一生働き続けることができる資格について詳しく内容を見てみましょう!
アロマテラピー
アロマテラピー

今や医療現場や介護施設で取り入れられている、アロマセラピー。看護師さんや介護福祉士さんが注目する資格です。その魅力に迫ってみました!